旅の番外編

ふと気が付けば、刺激ありまくりのフランス・スペインから戻って2か月経ってしまったのか。 偶然見つけた↓このページを読んで、フランスの「ザ・適当」な所にふむふむ納得しまくりだったので、約2週間の珍道中を少し振り返ってみようかなと。

http://www.1101.com/tonomariko/index.html

今回は羊の牧場視察の為の旅なので、その報告はまた後日発表する場もあるので、こちらでは番外編を。

出発前あまりにもバタバタしていたので、フランスの知識といえば、英語があまり使えないらしいよ、トイレが有料らしいよ、左ハンドルらしいよ…というお粗末なレベルで旅立った私達。 早朝のパリに降り立った、迷える仔羊2人。 その日宿泊予定のホテルに荷物だけ預けて、フロントの「チッ…出てってくれよ…」的な冷たい視線に耐えかねてパリの街に放たれる。 (後で知ったけど、ちょうど先日のテロ事件の現場のすぐ近くのホテル!おー怖。)

7時、8時、日本ならすっかり明るくなる時間でもまだ真っ暗。9時でも真っ暗。

おい、太陽はどこへ行った。

12月のパリは寒く、12月の北海道の恰好で臨んだのにひたすら寒く、朝が早すぎてどの店も開いてないのでひたすら歩いて歩いて街をさ迷い、ようやく開店したばかりのカフェへ逃げ込んだ。

IMG_0421.JPG

何コレ!クロワッサン、うまー!エスプレッソ、うまー! 冷え切った体に染み渡る、おフランス初の食べ物がコレ。 カフェの店主に、私がこれから行きたいところの地図を指さしてどうやって行けば良いのか聞くと、カウンターに座っていた女性(お客さん)が、多分出勤前の忙しい時間のはずなのにゆーっくりゆーっくり道順を教えてくれて、フランス語分かんないって言ったら頑張って英語で教えてくれて、実際英語もイマイチよく分かんなかったけど(笑)、どうやらメトロでこの駅で降りて次にこのホームからこっちに乗ってどこで降りて…と言ってくれてたんだろうけど、メトロは怖いから嫌!と言えなくて(笑)、「とにかくメルシー!」と笑顔で別れた。 真っ暗な街にはいたるところに巨大ゴミ箱があって、人々はまだ動き出さないうちからゴミ収集車や歩道を掃除する不思議な車(ブラシが回転して歩道のゴミを吸い込み、水をまいてキレイにする)があちこち出現。 これはフランス各地で見たけども、とにかく歩道は汚い。ゴミがわんさか落ちている。

1日でたまったゴミは、毎朝人々が動き出す前にこれらのゴミ掃除の為の車が動き出してさっさと片付けて行く。

フランス人は(スペインも凄かった!)すぐにゴミをその辺に捨てるけど、それを拾う仕事があり、ホウキで掃くのが専門の仕事もあり、収集車に乗るのが専門の人…それぞれ分担があって、そして彼らは皆公務員なんだそうで。

彼らの仕事を与えてあげる為に、自分たちはゴミを捨てるんだと、そういう考えなんだそうで。

皆がごみを捨てなくなると、彼らの仕事がなくなるから駄目なんだとΣ(꒪д꒪;)。

すごい無理やり感があるけど、確かにナルホドというカルチャーショックを受けた。

さて、歩けど歩けど寒いので、また道端のカフェでスープを飲み、パン屋さんを覗き、道行くパリジャン・パリジェンヌの美しさに「ほうううう」とため息をつきながらしばらく街歩き。 何?このパンの美味しさ! そして皆さん美しいわ。惚れ惚れするわ。 年配の方が恰好良すぎるわ。

こんなに寒いのにカフェのテラス席で食事する人があまりにも多くて、飲食店盛り上がってんなーと感心しつつ、朝も昼も夜もテラスでワインを飲んでいる人を見て、「仕事は?」て心配してしまうほど。

現地でお世話になった人の話によると、フランスのお昼休みは長いらしい。

スペインはもっと休みまくりだと聞いた。

午前のおやつの時間、お昼の時間、午後の休憩の時間、夕方も明るいうちから飲みに出て…という感じw

アルコールを飲んだ後の午後の仕事も全然OK。 そもそも飲酒運転OK。

小学校のお昼休みも、一旦家に帰って食べる子が多いらしい。

学校で給食を選ぶこともできて、そういう場合はちゃんと前菜からメインまで一皿一皿順序良く出てきて、そして勿論ナイフとフォーク。

小さいころからコレを刷り込まれていくから、みんなテーブルマナーが当たり前に身に付くよね、そりゃ。

学校の話といえば、なんせバカンスが多いらしく、親は大変なんだって。 大人社会でもバカンスはたっぷりあるので、どんな職種の人でもバカンスの為にせっせと働いて(いやそもそもフランス人はあまり勤勉さが全くなかったけどww)、それは農家の人も一緒で、バカンスは家族でどこかへ出かけるというのが当たり前。

ON、OFFがはっきりしていて素敵。

企業戦士と言われる日本人、働き過ぎだよ日本人。

地方の小さな街に行ってもカフェは必ずあって、そこには必ず地元の人が沢山来ていた。

シワシワのおじいちゃん・おばあちゃんも沢山。

これもフランスの面白いところで、お年寄りもいつも外食するんだそうで(スペインもそうだった)。

カフェで楽しそうに会話しているお年寄りは、孤独死が社会問題になっている日本が見習うべき姿だと思った。

ま、そもそも外食できるということは生活レベルがそこそこあるという事で、つまりは福祉が整っているフランスならではというか。

現役時代は凄い税金を払う訳だから、将来安心して暮らすためにそこは当たり前という考えらしく、お年寄りは何の心配もなく暮らせるという訳ね。

さて話はパリ市街地に戻って。

てくてく歩いていると(1人は松葉杖で必死)、ふと女性3人組が私に新聞か雑誌を売り込むような仕草を見せてきたので、「いらんいらん」と無視していると、次はオットの方に行って3人で取り囲み、あろうことか「ザ・強奪」的な堂々たるスリ(;OдO)。

えっ?こうやって盗っちゃうの!?と私も凝視しちゃうくらいで、オットも松葉杖で両手が使えないし、「へ